ショッピング枠現金化業者「ゼロスタイル」は複数のオペレーターが待機しています。

MENU

振込みまでの所要時間

 

振込までの所要時間は最短5分です。
ただし最短時間は2回目以降のリピーターの場合です。初めて利用する場合は申込フォームの送信から15分前後が目安になります。

 

スペック的には他社と大きな違いはないですが、ゼロスタイルは安定したスピード対応を行える強みを持っています。

 

複数のオペレーター常駐

 

ショッピング枠現金化は、貸金業とは違い簡単に事業を行うことができます。
来店不要形式の場合は、業者側からしてみても電話とメールで取引を完結できます。
こうした特性から、他の事業の片手間で運営している業者も多いのが現状です。

 

めざまし時計の画像

 

全く関係ない分野の業務の片手間になると、他の事業の業務が入っていると連絡が来るのが遅くなったり電話しても担当者と繋がらないトラブルはよくあります。
営業時間内に電話しても、担当者が外出中に携帯への転送電話で応対していることもあり、現金化までに数時間かかってしまうことはよくあります。

 

ゼロスタイルは専門業者のため、営業時間内であれば複数のオペレーターが事務所のパソコンの前で待機しています。
営業時間だけで見れば、土日祝日も含めて早朝から夜間まで営業しているところもありますが、業者明記の営業時間内でも、常にスピーディーな対応をしてくれるとは限らないことを覚えておきましょう。
ゼロスタイルは毎日多数の現金化業務をこなしているので、常時複数名体制を確保していて、タイミングが悪い理由で待たされてしまうケースはほとんどありません。

 

他社では、たまたま初回はスピーディーに対応してくれたけど、2回目の利用ではタイミングが悪くて長時間待たされてクレームになるケースもあります。

 

16年間クレーム0件という実績は、利用者の満足できるスピード対応を常に提供している証拠です。

 

初回利用で時間のかかる理由

 

クレジットカードのショッピング枠現金化は法律的にグレーな部分があります。

 

万一、バレると罰せられるのは利用者側で、行政処分されることはなくてもクレジットカード会社(信販会社)から強制解約、残高の一括弁済といったペナルティを受けるリスクがあります。
また、利用時に手数料がかかることに加えて分割払いを利用するとカード会社の利息も発生して、事実上2重に手数料を取られる仕組みになっています。

 

コスト的には資金調達方法の中では割高でもあり、カード会社から目を付けられないように商品をしっかり受け取ったり、万一連絡が来た時にショッピングとして決済した旨を主張しないといけません。

 

カード事故を確実に回避して、資金調達後に思っていたことと違ったなど後悔させないように、利用の注意点や現金化のデメリットなどの重要事項を説明する必要があります。
初回利用時には一連の流れと重要事項の説明があるため、平均して15分前後の時間がかかってしまいます。

 

業者によってルールも違いますし悪質業者はデメリットの説明を一切していないこともあります。
他社でショッピング枠現金化を利用した経験があってもゼロスタイルを初めて利用する場合は、他の新規客と同様の説明が行われます。

 

2回目の利用は重要事項の説明を簡素化できるため、申込を受けたら必要な決済情報を案内するだけになるので最短5分のスピード振込が可能になります。