ゼロスタイルのショッピング枠現金化に対応するクレジットカードを紹介します。

MENU

対応クレジットカード

複数のクレジットカード

 

ゼロスタイルは国内で使えるほぼ全てのクレジットカードに対応しているショッピング枠現金化業者です。
また、カードによって換金率が変わることはありません。

 

例外として、本人名義以外のクレジットカード(家族名義など)は利用できません。家族カードであれば利用できます。

 

対応可能な主なクレジットカード

 

  • VISA(ビザ)
  • MASTERCARD(マスターカード)
  • JCB(ジェイ・シー・ビー)
  • American Express(アメリカンエキスプレス、通称アメックス)
  • ダイナーズクラブ
  • 銀聯(ぎんれい)
  • DISCOVER(ディスカバー)
  • SITI(シティ、現在の新規発行はありません)

 

上記が世界の主要なクレジットカードブランドです。
全てゼロスタイルでは利用可能です。

 

法人カードもOK

 

ショッピング枠現金化で需要の高いのが法人カード事業者向けのビジネスカードです。
当然、法人カードもゼロスタイルでは対象になります。
決済する商品も経費計上できやすい内容のものを取り揃えています。

 

黒字で税金対策が必要な事業者であれば、借り入れを利用するよりもショッピング枠現金化を利用した方が節税効果を得られることもあります。
大口取引や継続利用の場合は条件を優遇してもらえることもあります。
診断・お見積もりまでは無料ので気軽に相談してみましょう。

 

デビットカードの取扱について

 

クレジットカードを現金化する仕組みはネット通販の商品をショッピングとして購入して買取を行うことです。(ほかの業者ではキャッシュバック方式を採用しているところもあります)
デビットカードでもネット通販の決済をすれば、仕組み的には利用できます。

 

ただし、ショッピング枠現金化は換金率を掛けた金額しか受け取れないため、口座残高や事前チャージの必要なデビッドカードでは利用するメリットがありません。

 

ショッピング枠の残っていることが必要

 

現金化はクレジットカードの後払い制と分割払いに対応した仕組みを応用した資金調達方法です。
当然、クレジットカードを持っていてもショッピング枠の残りがなければ利用できません。
どれくらいの残り枠があるかは、ゼロスタイルなどの現金化業者でも調べることはできません。
カード会社のWebマイページを確認するか、コールセンターに電話問い合わせをして、ショッピング枠の残りを確認しましょう。

 

注意点としては、ショッピング枠の残りを全て使ってしまうと他の決済ができなくなってしまいます。

 

携帯電話料金や公共料金などの支払ができなくなると、生活に支障が出ることもあります。
毎月のカード支払をしている固定費を踏まえて、余力を残した利用を心がけましょう。
ショッピング枠の残りを把握していれば、いくらまで現金化をしても問題が出ないかといった相談や診断はゼロスタイルで無料対応をしています。
複数枚のカードを持っている場合は、同時に複数枚のカードを使って現金化することもできます。

 

ただし、1枚のカードを使うよりも複数枚のカードを使った方が手続きの手間はあり、換金率が下がってしまうこともあります。