ショッピング枠現金化を利用する際は業者選びを慎重に行うことが大切です。

MENU

利用前の注意点

 

ショッピング枠現金化を利用する前の注意点は以下のものがあります。

 

  • ショッピング枠の残高を確認する
  • ほかの資金調達方法がないか確認する
  • 業者の評判を確認する

 

安全で賢く資金調達するポイントを詳しく紹介します。

 

ショッピング枠の残高に注意

3枚のクレジットカード

 

ショッピング枠現金化はショッピング枠を活用した資金調達方法です。
ショッピング枠が残っていなければ、当然利用できません。
確認方法はカードの契約者から直接カード会社のコールセンターに問い合わせをするか、Webマイページ等で確認します。
ほかの支払いに支障が出ないように、ある程度は余力を残した利用を心がけましょう。

 

返済プランを確認する

 

クレジットカードは後払い式の決済サービスです。
基本的に決済した翌月の支払いになり、分割払いも可能です。
万一、返済遅延を起こしてしまうと信用情報に事故情報として履歴が残り、将来のローン審査や新規カード発行審査に悪影響が出ます。

 

切羽詰まった状況で後先考えずに利用する方も多いですが、支払いができなくなってしまうと、カード払いしている公共料金や携帯電話料金の支払いも止まるなど様々な弊害が出てきます。

 

無理なく確実に返済できるプランを立てて計画的な利用をしましょう。

 

一括払いにしている場合でも、事前に連絡を入れれば分割払いに変更できることもあります。
返済が難しくなったら、早めに連絡を入れて支払い遅延を起こさないことを最優先に考えてください。

 

現金化はコストの高い資金調達方法

 

ゼロスタイルのような優良業者であっても、ショッピング枠現金化はフリーキャッシングなど、他の資金調達方法に比べてコストは高いです。

 

仮に換金率90%で利用して翌月に一括返済した場合でも10%の手数料を取られて、金利に直すと120%になってしまいます。
分割払いを利用すると、換金率から差し引かれた手数料とカード会社に払う利息が2重発生します。

 

確認事項としては、最初にクレジットカードのキャッシング枠で対応できないか確認しましょう。
キャッシング枠で対処できないときは、消費者金融やカードローンなどの借り入れで対処できないか確認して、比較検討しましょう。

 

コスト的には現金化の方が高いですが、審査や契約、在籍確認の手間がないメリットもあり、コストのかかることを踏まえても、あえて借り入れではなく現金化を選ぶ方もいます。
コストと手間のどっちを優先したいのかをを踏まえて検討してください。

 

審査について

 

優良業者を選ぶ重要性

 

ショッピング枠現金化は業者によって換金率が変わるだけではなく、手数料の有無やカード事故を回避するノウハウ(安全性)、強引な勧誘の有無などオペレーターの対応、入金までのスピードに差が出ます。
急いでいる状況で業者選びをしっかりせずに利用して後悔される方が非常に多いです。

 

悪質業者を使うと実質換金率が70%以下になったり、カード事故に繋がるケースもあります。
運営実績の長い無難な老舗業者としてゼロスタイルはオススメできる業者のひとつです。